2013年11月14日

夫が居てくれてよかったと思えるおそらく唯一の出来事





6年ほど前の出来事です。
長女が中学3年生、明日は受験という前夜。



ほんの少しの緊張は私にもあったはずなのですが

やはり毎日と変わらず、しこたま飲んで、

その結果、私は目覚まし時計のセットを誤ったまま、

泥酔してしまいました。


翌日朝、

ふと飛び起きて時計を見ると、

あと1時間で試験開始という状態でした。


毎日私が一番に起きて子どもたちを起こすので

家の中はまだシーンと静まり返っていました。


大慌てで長女を起こしました。


同じ高校を受験するお友達と
約束していた電車の時刻はとっくに過ぎていました。


どうしよう!どうしよう!と焦る私は

当時、長年の家出から出戻った夫がいることを思い出しました。


夫の運転なら、間に合うかもしれない。

夫は地元民なので、受験場所までの土地勘もあるはず。

少し、いえ、自分の寝過ごしを大いに悔やんでいた私は

かなり、夫にかけました。

「〇〇高校まで、30分で行ける!?」
悔しいですが私の運転では1時間でも無理でしょう…。
夫は「…あー…行けるんちゃう?」と。

長女が身支度している間に大慌てで弁当を作り
早く早くとせかして見送りました。


夫と長女を見送ったあと、不安で不安で
狂ったように、リビングで座布団に突っ伏して
「どないしよー!どうしたらええのー!?」と
私は大声で叫び続けているところに、

次女が起きてきて、心配そうに見ていました。


結果、
夫は無事に、長女を受験会場まで送り届けてくれ、
途中、スリッパを忘れたという長女のために、
コンビニによってミッフィーちゃんのスリッパまで買ってくれました。


その時の長女の受験は、すべり止めの私立高校受験だったのですが
夫のおかげで、無事合格することができ、
その後の本命の公立高校にも、受かることができました。
(さすがにこの時↑は寝坊しませんでした。飲んでたと思うけど…)


あの頃、
私も娘も、5年もの家出から、のうのうと帰ってきて、
酷い問題ばかり起こす夫の存在が
苦痛で苦痛でしかたがありませんでした。


でも、
あの時、夫が居なかったら、長女はきっと、受験に間に合わなかったはずです。


あの事件は、本当に、思い出すたび、
「私は酒を飲んでなんてことをしてしまったんだろう…」と背筋が凍るほど
悔やんでも悔やみきれない出来事の「ひとつ」なのです。


やっぱり私は呑んだらあかんかったのです。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 酒ブログへ

rara_5 at 15:40│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by くら子   2013年11月14日 17:55
お酒ってほんとに飲まないに越したことはないと思います

私も自分が病院で依存症と言われるまで 公園で寝てるおっちゃんをイメージしていたので まさか自分が・・・・と思いました

でもどう考えても 朝おきてビールを飲んで 家事しながらビールのんで その内心身ともにダメになってしまうような飲み方はおかしいですよね

なぜ朝から飲むかですが 離脱がくるのが恐怖でどんなに酔っ払っていても翌日の 朝一番のビールだけは確保して寝ていました

飲んでる自分が嫌で 自己嫌悪になりながらまた飲んで

なってみて思いますが 依存症の人って 好きで飲んでる人ってあんまりいないかもしれないですね

主人とも別れて 子供たちには私しかいなくなったので死ぬ前に お酒を辞めたいです

ららさんのブログ 拝見してると「よっしゃぁ!あたしも頑張ろう」って思えました

一応 冷蔵庫に抗酒剤もあるんですけどね・・・・
できれば 自分の気持ちを切り替えて 今度こそ断酒したいな

2. Posted by nobu   2013年11月14日 20:23
いざというとき役にたつ夫
普段は寝てても。
なにか身につまされる話ですね。

3. Posted by らら   2013年11月14日 20:52
くら子さん、はじめまして。
私もずっとそうでした。
お酒を止められないことがつらくて、そのつらさをごまかすためにまた飲んで。
飲んでいるから、止められないつらさが続くのにずっと飲んでいました。
抗酒剤もお持ちなのですね。私は、記事にも書きましたが、アカンプロルを大量に持っていますが、効かなかったら怖いと思い、けっきょく、続けて飲んでいません。
私も、子どものために止めようとずっと思っていました。
私も、今、飲まない生活をスタートできました。
だから、きっと、くら子さんにもできますよ!最初の1日が、なかなか、来ないと思いますが、私もやっと止めようと決心しました。
もう一生飲まないなんて、怖いと思っていました。だから、お酒に未練があって止められませんでした。今回は、もう、絶対に一生飲まない、と決めました。
くら子さん、私のような者ですが、励みにしてくださって、うれしいです。応援します。くら子さんもいつか止められるように、私もがんばっていきます。
4. Posted by らら   2013年11月14日 21:00
nobuさん、こんばんは。(*^_^*)
夫はずっと居なかったので、頼りたくても頼れない状態だったのですが、この時ばかりは、ありがたいと思いました。
5. Posted by ルナ   2013年11月15日 15:12
ららさん 危機一髪でしたね。

読んでいてはらはらしました。
6. Posted by らら   2013年11月15日 20:35
ルナさん、思い出してもハラハラします。
お酒飲んでると、責任感無くなりますね。
飲んでるときは、「大丈夫、私はしっかりしてる」と思ってしまう。とんでもないですね。猛省すべき事件の一つです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字