2013年11月12日

美味しそう楽しそうビールのCM・グルメ番組の飲酒シーン



「お酒は適量なら飲んでいいのに、なぜ毒扱いするのか」

という
「アンチ断酒」と思われる内容をあるブログで読んでしまいました。

お酒が好きで、でも適量をたしなみ、お酒を楽しんでいらっしゃる方が
大勢いらっしゃるのですね。


適量。

ビール:中びん1本(500ml)
日本酒:1合(180ml)
焼酎:0.6合(約110ml)
ウィスキー:ダブル1杯(60ml)
ワイン:1/4本(約180ml)
缶チューハイ:1.5缶(約520ml)

いろいろなサイトを見て、比較的多かったのがこれでした。


思えば
成人して、お酒を飲むようになったときから、
私はこの適量を大幅に超えていたと思います。

このデータは、
大きく世の子供に知らしめるべきだとおもいました。

これ以上飲んだら、アルコール依存症になる恐れがあります、と。

たばこの箱に書いてあるように。


でも。
アルコール業界はイメージもよく、
毒になりうるなどと、表記されるはずもありません。


子どもの頃から、
「アル中」の存在は知っていましたが
それは、「お酒が止められないという病気でずっとお酒を飲んでいる人」
と、ただそういう風に思っていました。

なぜアル中になるのか
どうすればアル中にならなかったのか

そこを知っていたかったな、と思います。

タバコや薬物について、小中学校でも指導が行われますが

だれの身近にもあり、簡単に手に入るお酒についても
もっともっと、別の形で注意が促されてもいいのにな、と思います。

「百薬の長」とまで言われることで
飲むことに何の抵抗もなく
むしろ、お酒が飲めることは楽しいこと、
素晴らしくよいこと、と錯覚してしまいます。

テレビコマーシャルの
ビールを飲む映像の何とすがすがしく美味しそうなこと。
大人になって、ビールを飲むことは
子どものあこがれにつながるような気もします。



世の中には、
適量で楽しんでいる人の方がおそらく圧倒的に多いと思うので

アルコールの存在を責めるのはお門違いなのでしょうか。


適量で止めることができなくて
アルコール依存症になってしまったことを

アルコール業界に逆ギレして恨んでも

適量で楽しんでいる人にとっては
負け犬の遠吠えと思われるのでしょう。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 酒ブログへ

rara_5 at 21:30│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by nobu   2013年11月13日 00:19
適正飲酒で楽しまれている方は
それはそれでいいんです。

御神酒というのがあって、お酒は神様の飲みのもなじゃないのか。
さんさんくど(どんな漢字だが忘れました)というのを、やりました。
あの場でおかわりする人いませんよね。

パソコンは三次元ソフトを仕事で使ってましたが
あまり健康に良くないですね。
手を使って造形する方が楽しいです。




2. Posted by らら   2013年11月13日 06:28
nobuさん、おはようございます。
そうですね。お神酒はいただく分だけで終わりますね。(^^)
披露宴では手酌の花嫁という恥さらしでしたが・・・。
三次元ソフト、すごいですね、近代的です!
手作りすること、昔は大好きだったのですが、随分長いこと忘れてしまっていました。やりたいこと(作りたいもの)がたくさん残っています。これからできるといいな。(*^_^*)
3. Posted by スワロフスキー   2013年11月13日 12:20
こんにちは、ららさん。

本当にそうですね~
TV見てると飲酒シーン多すぎます。
CMはもちろんのこと、バラエティやドラマでもなにかっていうとビールごくごくシーンでてきますね。イラっときます。飲みたくはなりませんが。

適量・・・大幅にすぎてましたね(笑)
適量だけ飲んで終わって満足な人っているんでしょうか?
今月は酒の代わりに食に走るより美容に走るのが目標です♪
4. Posted by らら   2013年11月14日 11:00
スワロさん、おはようございます。
世の中の多くの人はCMなどの酒の誘いに乗ったとしても、自分で適量を守れるという立派な人間が多い、ということなのでしょう。
そうですよね!お酒飲まずに、美味しいものも楽しめますし、何より、お酒によって美容が害されることを断酒によって阻止できるわけですから、
やっぱり、飲まない方がいいんですよねー\(^o^)/

コメントする

名前
URL
 
  絵文字