2013年11月09日

私が連続日中飲酒を引き起こすことになったであろう原因



日中飲酒はやめなさいと
心療内科の医師に何度も言われました。
でも何年も飲み続けていました。
昼夜問わず。


結婚して3年目に、
2人目を妊娠したあたりから、
夫の外泊が始まりました。

それまで、
私は結婚して、嫌だった実家を出られて
普通に暮らせていけて、長女もうまれ、
これこそが幸せなんだと思っていました。

ところが
ときどき、夫が無断で外泊し、朝帰ってくることが増えていきました。

理由を聞くと、

『飲みに行ってしまい、そのまま車で朝まで寝ている』

というのが夫の言い分でした。

実際、結婚前から、そういうことがあったので、
私は文句を言いながらも、夫の言い分を信じて黙認していました。

たまにだった無断外泊がそのうち、ほとんど外泊続きになり
ケンカが絶えなくなりました。

私はアホでした。
夫に依存しまくっていたので、
夫の行動を冷静に判断せず、ただ帰ってきてくれないことを泣き嘆き
夫が帰るたびに問い詰め、責めました。
夫が自分から離れていってしまうことを一番恐れていました。

2人目の子供が生まれ、それからも夫の外泊は続きました。

夫の外泊はその後も5、6年続き、
最後には、土日にうちへ帰ってくるだけ、という生活になりました。

明らかおかしいですよね。

都会育ちだった私が、夫の住むド田舎で暮らすことになり
夫が無断外泊を続けるという強烈なストレスのうえ、
2歳児、0歳児を2人抱えて日々の生活に精いっぱいで、

身体や精神に異常をきたすのは
今思い出しても当然だったと思います。


はじめは肩こり、頭痛、程度の症状が続き、それが重くなり
次いで
自律神経失調症
過敏性腸症候群
心臓神経症
運転中のパニック症状など

全てストレスなど、心因性による症状でした。

それでも夫は帰ってきてくれず、
帰らない理由も最後まで「車で寝てる」と言い続けました。


そして私は、
興信所を使いました。

夫が本当に、酔って車で毎日寝ているのか
確認したいと思ったのです。

興信所の調査1週間足らずで
夫の不倫が発覚しました。

単なる不倫どころか、
後になって知りましたが、
すっかり向こうで住んでいたのです。
そして、土日だけ、うちへ帰ってきていたのです。


証拠を持って問い詰めました。
隠していたことを話して欲しかったし、
家族としてきちんとやり直してほしいと思いました。


謝ってくれると、思っていました。


ところが、
夫は開き直ってしらを切り
そのまま完全に家出してしまいました。
それからもう土日すら帰ってこなくなりました。

私の日中大量飲酒はその時から始まったのだと思います。

夫とは、それから約5年間、ほぼ音信不通になりました。
どこで、どうしているのかもわかりませんでした。


そして今…

なぜか夫は家に居ますが
どうやって帰ってきたのか、なぜ離婚しなかったのか
そのいきさつはまた、いつか、書いてみようかと思います。


私にとっては酒を飲まずにはいられない出来事だったのですが、
元よりお酒を飲まない人なら、何があってもお酒に逃げなかったはずです。

何かのせいにして飲み始めて、
一生をだいなしにするなんて、こんなバカなことはありません。

夫の行動が悪かったとしても
夫をそうさせたのは私にも責任があり、
ましてやお酒を飲んだのは、私自身の弱さです。

自分の人生を振り返って、
本当にお酒が必要だったのか、考え直してみようと思いました。

これから何かが起こったときに、飲まずに耐えていくためには
もっともっと強い心が必要なんだろうな、と思います。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 酒ブログへ

rara_5 at 14:25│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by アリシア   2013年11月10日 14:09
こちらでははじめまして。

辛い日々を送っていたんですね

いろいろ思った事はあったんですが
一番心に響いた事は
「私にとっては酒を飲まずにはいられない出来事だったのですが、元よりお酒を飲まない人なら、何があってもお酒に逃げなかったはずです。」
というお言葉です
その通りだと思いました

ありがとうございます
2. Posted by らら   2013年11月11日 11:33
アリシアさん、こちらこそ
アリシアさんのブログで、とても考えさせられています。
ありがとうございます。
お酒に逃げることはとても簡単なことですが、そこから引き返すことは本当に困難なことです。
お酒を飲んでも、状況はよくならないなら、むしろ飲まなければよいことなのですが、もう今となっては、取り戻すことのできない時間を費やしてしまいました。
もっと別の良い方法を考えればよかった、と思います。
アル症にとって、お酒なんて何もイイコトなかったのですね。
今日も飲まずにかんばりましょう~\(^o^)/

コメントする

名前
URL
 
  絵文字