2013年10月21日

ネット上にはたくさんの断酒ブログがありました


アルコール依存症を自覚してからは毎日やめようと思いました。

でも、やめなければと思う気持ちに反比例して酒量はどんどん増えました。
自分に対する自己嫌悪感と不安もどんどん増えました。

私はパソコンを使った仕事がメインです。
一日の大半をパソコンの前で過ごしています。

毎日毎日、「アルコール依存症」というキーワードで検索しました。

いろんな人がいましたが、30年近くも飲酒歴のある、
ましてや女性を見つけることはできず、
世の中で、こんな陰気なアル中ババアはきっと私だけなんだ、とますます卑屈になりました。

「断酒〇日」と書かれたブログが星の数ほどありました。
書いてやめられるのなら、と私も、ここではない、別の場所で、ブログを書きはじめました。

「断酒0(ゼロ)日」から書きはじめました。

「まだ、断酒0日」「また、断酒0日」「やっぱり、断酒0日」

毎日、毎日、私のブログの題名は「断酒0(ゼロ)日」から進みませんでした。
ふざけてんのか、やる気あんのか!と言わんばかりの、日記になりました。
やっと数日は飲むのを止められたましたが、やっぱり飲んでブラックアウト。
そして書くのをやめてしまいました。


なぜ、みんな断酒を続けていられるのか、
ふしぎでしかたありませんでした。

「酒を止められた人はアルコール依存症では無かったからだ」などと思い、
世の中で一番自分が苦しんでいるようにさえ思えました。

断酒継続している方々のブログを読んで、「私もがんばろう!」と思うどころか、
「苦しくて悩んでいる人間が、人の幸せを見て、自分も幸せになれるわけがない」と思い込んでいました。

断酒成功を嬉々として綴られている多くのブログを見て

私はそれを妬み、嫉み、ひがんでいたのです。
最低でイヤな奴だと自分でも思います。 

(つづく)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 酒ブログへ

rara_5 at 23:59│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字