2013年12月

2013年12月08日

過去の断酒の失敗を探ってみる


右側にあるカウンターを見ると、
お酒を断ってから、「83日」となっていました。


私の最高断酒期間は、一昨年の三か月間でした。

その時は、毎日、日数を数えていました。


毎日頭がもうろうとして、過呼吸や動悸が激しく
断酒掲示板に書き込むことで
必死で毎日を過ごしていました。


私の場合、日数を数えてはダメなようです。

天の邪鬼な私は、
断酒日数が増えていくことに
全く達成感を感じられず

お酒を飲まない長い長い24時間が経過しても、
カウントはたった「1」しか増えない(当然!)日数を
毎日、ガッカリしながら数えていました。


死ぬまで断酒するのだから、ゴールはないのに、
「数え終わる日(=ゴール)」がくることを期待して数えていたように思います。

終わりが無いということを、きちんと自覚できていなかったのだと思います。



断酒して、3か月が経過した日、
冷蔵庫にあるビールを見て

「三カ月たった。私はもう三カ月も飲まなかった。」
と妙な達成感を持ってしまったのです。


多くの場合、達成感は「やっと終わった」という感覚といっしょにやってきます。


3か月飲まなかった私の「達成感」は
「断酒できた(=終わった)から、もう飲んでもいい」
というアホな考えにすり替わりました。



私はその時の三か月間の断酒を途方もなく長いものに感じていたので


「これだけやめたら、もう私はアル中ではないかも」
「これだけやめられたんだから、これからは適度に飲めるかも」
と、アル症患者にありがちな罠にまんまとかかりました。

いとも簡単にビールを飲みました。

ホッとしたことを覚えています。
ずっと飲みたかったから「ああ、また飲める」と安心しました。


再飲酒してから
ますますひどい飲み方をして、
ますます自己嫌悪に陥り、
適正飲酒など全くできるはずもない自分を確信しました。

そしてやっぱり、毎日毎日「止めなければ」と思いながら
思うばかりで止められない後悔と自己嫌悪の毎日の中、
朝から隠れて飲み続けてきました。




それからやっと。今回の断酒に至ります。


不思議なことに
今回の断酒で、
私はお酒をやめてから何日たったか、ということを
全く、と言っていいほど意識していません。



飲みたくなった時
「ゴールは無い、一生飲まないよ。」
ということを自分に言い聞かせています。
「〇日」を意識すると、また以前のように「終わり」を作ってしまいそうなので・・・。


でも、たまには、「いつからやめたっけ?」と思うこともありますし、
カウンターに付属の、飲まないことで「浮いたお金」の額は
現実的な喜び素材になります。


だから、
ときには断酒日数と、浮いたお金を確認して
自分の断酒成果を自分でほめるのも悪くないかな、と思ったりもします。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へにほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へにほんブログ村 酒ブログへ



rara_5 at 17:06|PermalinkComments(8)

2013年12月07日

飲酒で無くした可愛いあの帽子の話




子どもがまだ小さかったころ、
クリスマスイベントを行うレストランを予約して
おそらく嫌がる夫も無理やり、連れて行きました。


当時の私は、お酒が入ると
日ごろの不満を愚痴り、責める、
『暴れるタイプ』の次に嫌な酔い方ばかりしていました。


バイキングに飲み放題、日ごろのうっぷんを晴らすかのように、
相当に飲んだ覚えがあります。


そして、日ごろ外泊ばかりで帰ってこない夫に対して、


何でちゃんと家に帰ってこないの、
何で子どもの世話をしないの、
何で私を避けるのか、と


責めたて、暴言を吐き、愚痴を言い続けたと思います。


帰りの電車の中でも、
私はギャーギャーと夫を責めていました。

その時の子どもたちはどんな気持ちで私を見ていたか、
考えると本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。


電車の中の暖房で、
酔った頭がさらにボーっとなり、
気持ちが悪~い状態になりました。


電車を降りて、タクシーを待つ間に
数回、植込みの陰に吐きました。

まだ吐きそう、と思いながら
タクシーに乗り込みました。

タクシーのニオイと揺れで、ますます吐き気が増強されました。
路肩のない国道であり、「止めて」と言っても止まることは不可能でした。


ゲ〇袋を持っていませんでしたし、
袋代わりになるものも、持ちあわせてはいませんでした。


タクシーを汚すことだけは何としても避けねばならないと思いました。

そして、限界に達した私は、
横に座っていた次女がかぶっていた
白いレースが付いたかわいい帽子をわしづかみにし、

ひっくり返してそこへ吐きました。




・・・・・・

私には最低が一体いくつあるのでしょうか。

思い出すと、心底つらいです。
でも、決して忘れてはいけない私が犯した罪です。




6029254
  麦藁帽子
         西条八十 作 

  
  母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね?
  ええ、夏 碓井から霧積へ行くみちで、
  渓谷へ落としたあの麦稈帽子ですよ。

  母さん、あれは好きな帽子でしたよ。
  僕はあのとき、ずいぶんくやしかった。
  だけど、いきなり風が吹いてきたもんだから。

  (以下略)

ルノアール 【レースの帽子の少女】1891年




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 酒ブログへ

rara_5 at 01:28|PermalinkComments(7)

2013年12月04日

飲酒で子どもの夢までぶっ壊した話



ウツ状態から起死回生です。


この数週間、飲酒欲求が出まくっていました。
冷蔵庫にある缶ビールを見て、

飲んじゃおっかなー

と思うこと100万回。

飲まなかった自分をちょっと嬉しく思います。

1本が100本になることや、
ビールでは酔えずに焼酎に手が伸びることは

既に承知の助だからです。



気が付くともう12月でした。


私は子どもに季節ごとのイベントを
堪能してもらいたいと思って育ててきました。


お正月にはじまり、ひな祭りや、節分、七夕など、
それぞれに昔話もついてきて、
子どもにとって良い思い出になればいいな、と思ってきました。


クリスマスはイベントの中で格別です。


下の子が保育園児だったころです。

夫が家出した直後のクリスマスイブの夜でした。

辛さ苦しさが爆裂していた私の気持ちなどお構いなしに
楽しいクリスマスはやってきました。

やっぱり私はいつものように飲んでいて、
酔っ払いながらも子供には

「早く寝ないとサンタさん来ないよ~」と言い、

クリスマスイブ恒例の大人の任務を私一人でも果たすべく

一応気構えていました。


子どもが寝たらサンタさん。
子どもが完全に寝たら私はサンタさん。

プレゼントはおっけー。
子どもが寝たら、届けなければ・・・
明日の朝の子供の喜ぶ顔が早く見たい・・・


そして

あろうことか私は酔いつぶれてリビングで寝てしまいました。

子どもはそのあと、自分たちで子供部屋へ寝に行ったようです。


私がリビングで目を覚ましたのは、
明け方5時ごろでした。

しまったー!

年間最大の重要任務を果たさず
酔っ払って寝てしまった自分の情けなさにショック、

ショックで膝をついてうずくまりたかったところでしょうが、
今はうずくまっている場合ではないと思いました。

「まだ 間に合うやん!」

まだ外は真っ暗でした。
当然、子どもたちもまだ寝ています。

今、プレゼントを置けば、大丈夫。

よし、急げ!


私は2階に隠してあったプレゼントを大急ぎで取ってきて

子供部屋へ侵入。

・・・寝てる。

そーっと
そーっと
子どもたちの2段ベットへ。



・・・クリスマスの朝って

妙に興奮して早く目が覚めたりするものなのですね。


下の子が

ふいに目をあけ、


抜き足差し足ポーズで
プレゼントを持った私の姿をモロに見ました。


気が遠くなりそうでした。
「寝てくれっ!」心底思いました。


下の子は
「えっ・・・ママが・・・サンタさんやったん・・・?」

と言いました。

大人の底力を出すときでした。

「ちがうよ!今、玄関に行ったら、プレゼントが置いてあってん。
起きたときに、アンタらが喜ぶように、
ママ、持ってきて置いといてあげようと思ってん。」


苦しい苦しい言い訳でした。
言い訳ではなく、大ウソをついてしまいました。


ふーん

と下の子は言って、
また、ウトウト眠りました。


ごめんよごめんよ

私は本当に、子どもの夢までぶち壊した。と思いました。


それでも、
そのあとも
私はお酒を止められず、ずっと飲んでいました。


最低な母親の最低な思い出です。


今年のクリスマスは

初めて私がお酒を飲まないクリスマスにできることを願っています。

img_1458557_59384843_0



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 酒ブログへ



rara_5 at 18:03|PermalinkComments(6)