2013年12月04日

飲酒で子どもの夢までぶっ壊した話



ウツ状態から起死回生です。


この数週間、飲酒欲求が出まくっていました。
冷蔵庫にある缶ビールを見て、

飲んじゃおっかなー

と思うこと100万回。

飲まなかった自分をちょっと嬉しく思います。

1本が100本になることや、
ビールでは酔えずに焼酎に手が伸びることは

既に承知の助だからです。



気が付くともう12月でした。


私は子どもに季節ごとのイベントを
堪能してもらいたいと思って育ててきました。


お正月にはじまり、ひな祭りや、節分、七夕など、
それぞれに昔話もついてきて、
子どもにとって良い思い出になればいいな、と思ってきました。


クリスマスはイベントの中で格別です。


下の子が保育園児だったころです。

夫が家出した直後のクリスマスイブの夜でした。

辛さ苦しさが爆裂していた私の気持ちなどお構いなしに
楽しいクリスマスはやってきました。

やっぱり私はいつものように飲んでいて、
酔っ払いながらも子供には

「早く寝ないとサンタさん来ないよ~」と言い、

クリスマスイブ恒例の大人の任務を私一人でも果たすべく

一応気構えていました。


子どもが寝たらサンタさん。
子どもが完全に寝たら私はサンタさん。

プレゼントはおっけー。
子どもが寝たら、届けなければ・・・
明日の朝の子供の喜ぶ顔が早く見たい・・・


そして

あろうことか私は酔いつぶれてリビングで寝てしまいました。

子どもはそのあと、自分たちで子供部屋へ寝に行ったようです。


私がリビングで目を覚ましたのは、
明け方5時ごろでした。

しまったー!

年間最大の重要任務を果たさず
酔っ払って寝てしまった自分の情けなさにショック、

ショックで膝をついてうずくまりたかったところでしょうが、
今はうずくまっている場合ではないと思いました。

「まだ 間に合うやん!」

まだ外は真っ暗でした。
当然、子どもたちもまだ寝ています。

今、プレゼントを置けば、大丈夫。

よし、急げ!


私は2階に隠してあったプレゼントを大急ぎで取ってきて

子供部屋へ侵入。

・・・寝てる。

そーっと
そーっと
子どもたちの2段ベットへ。



・・・クリスマスの朝って

妙に興奮して早く目が覚めたりするものなのですね。


下の子が

ふいに目をあけ、


抜き足差し足ポーズで
プレゼントを持った私の姿をモロに見ました。


気が遠くなりそうでした。
「寝てくれっ!」心底思いました。


下の子は
「えっ・・・ママが・・・サンタさんやったん・・・?」

と言いました。

大人の底力を出すときでした。

「ちがうよ!今、玄関に行ったら、プレゼントが置いてあってん。
起きたときに、アンタらが喜ぶように、
ママ、持ってきて置いといてあげようと思ってん。」


苦しい苦しい言い訳でした。
言い訳ではなく、大ウソをついてしまいました。


ふーん

と下の子は言って、
また、ウトウト眠りました。


ごめんよごめんよ

私は本当に、子どもの夢までぶち壊した。と思いました。


それでも、
そのあとも
私はお酒を止められず、ずっと飲んでいました。


最低な母親の最低な思い出です。


今年のクリスマスは

初めて私がお酒を飲まないクリスマスにできることを願っています。

img_1458557_59384843_0



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 酒ブログへ



rara_5 at 18:03│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by nobu   2013年12月04日 19:56
子供のことですね。
娘はとっくに成人してますが、お酒がらみではないですが
あることで精神的に傷つけてしまいました。
私は忘れても、娘は覚えていると思います。
ただでさえ、女の子はある時期父親を嫌いますよね。
痛恨の極みです。


2. Posted by らら   2013年12月04日 22:08


nobuさんにも娘さんがいらっしゃったのですね。
傷つけたこと、覚えているのはきっとnobuさんの方かもしれませんよ。娘さんは意外と「ああ、そんなことあったかな。」って思ってくれているような気もします。うちの娘たちがそうです。私のこと、夫のこと、さんざん傷ついてきただろうに、意外と、親が気に病むほど子どもは恨んだりなどしていないんだな、と最近よく思います。むしろ、そんな親に対しても、親より大人目線で受け止めてくれているんだ、と逆に救われる時も多いです。
だからこそ、お酒はきちんとやめて、人間らしいまともなところをこれからは見せていかなくてはならない、って思います。
3. Posted by nobu   2013年12月05日 07:20
そうかもしれません。
さぱさぱした勝気な子です。
ありがとうございます。
4. Posted by あおい   2013年12月05日 09:43
おはようございます。

鬱から抜け出しつつあること、安心しました^^

子どもを傷つけたこと・・・私も、自分が覚えていなくても、たくさんあるのではないかと思っています。
うちの娘は耐えるタイプで、口数も少なく、つらくても無理して明るくする性格なので、よけい心配です。

子どもの人生に悪い影響が出ないことを祈るばかりです。
私自身、親のアルコール問題でひどく傷つけられて、PTSDを発症して、人生台無しになりました。

でもでも!
100万回ビールを飲みたいと思っても、我慢できたなんて、すばらしいです!!!

これからまだまだ、自分自身のことも、子どものことも、やり直せる、私はそう信じてがんばっています。

私はまず娘に断酒宣言をして、娘に応援団になってもらいました。
私が「ビールのみたい~!」と叫ぶと、娘が「ママ、だめだめー!がんばれー!!」と励ますので、のめませんね、さすがに・・・

ららさんに、おすすめします、この方法^^

私も、クリスマスや年末年始を酒抜きで過ごすことが、想像できず、今から戦々恐々としていますが、
ららさんのブログを励みにして頑張ります。クリスマスと年末年始を乗り越えたら、すごーく自信がつきそうです!(逆に、失敗したら痛そうです)
5. Posted by らら   2013年12月05日 10:52
nobuさん、ブログ開設おめでとうございます\(^o^)/
リンクがあって、「?!」と思いました。
立ち寄れる場所が増えて、とてもうれしいです。
6. Posted by らら   2013年12月05日 10:57
あおいさん
コメントをありがとうございます。(*^_^*)
子どもさんの純粋な言葉は励みになりますね!
私も先日、家族に(一応夫も入れて)カミングアウト的に断酒の話をしました。
また、記事でくわしく書きますネ。
あおいさんも、育った環境で苦労をなさっているのですね。
今まで、自分のつらさしか見えませんでしたが、こんな風にブログに吐き出すことで、世の中にはたくさん苦労したり、がんばっている方がいることを知ることができました。
そして、自分の心の整理にもつながっているような気がします。
いつも、ありがとうです。
クリスマスには、飲酒部屋のドアを決して開けないように、一緒にがんばりましょう!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字