2013年11月25日

鬱が先か。アルコール依存が先か。



私は、幼少期の心の問題を抱えたま、成長したと思っています。

私自身、キレると、ものすごい暴言を吐きます。
また、私の弟のキレた時の形相も異常な恐ろしさで、ものの言い方も激変します。
これも、直接本人に言ってはいませんが、成長過程での何かが原因だと思います。


精神疾患について調べてみると
あまりに多くの症状やレベル、原因があり、
これだけあるなら、世の中の多くの人は

多少なりとも いずれかに該当してしまうのではないかと思ってしまいます。

生きづらいとか、
友達ができにくい、
些細なことで腹が立つ、
自分をとことん隠し、
人や物に執着したり、

偏食や過食、拒食などの本当に苦しい症状のほかにも、


肩こりや頭痛まで
鬱の症状だと言われれば

これはもう。
人間全部、精神疾患を何か持っているように思えます。


私は子どもの頃は
精神疾患など知りませんでしたから
生きづらさの原因を追及することもできなかったし、
ぼんやりといつも、愚痴ばかりの母、キレて怒鳴る弟、不機嫌なだけの父親のなかで
ただ、「こんな家、嫌だな」という思いだけを抱えて
いつか結婚して早くここを出て行きたい。というのが
物心ついたころからの『夢』だったように思います。

それでも、「自立して、自分一人でも生きていく」という選択肢も
あったはずだし、それが一番堅実だったはずなのに

なぜ、結婚して出ていく、と考えたのか、
それこそが依存症、依存性の表れだったと、今さら思います。

母は文句ばかり言って、私にはキツい人でしたが、私に「強くなりなさい」ということを
全く教えてくれませんでした。

「あんたはいい人と結婚しなさいよ。」とばかり聞かさて育ちました。


今、私は娘たちには
「ひとりでも生きていけるようにきちんと仕事をしなさい。結婚しても仕事はやめたらアカン」と
ことあるごとに言っています。


愛は大切かもしれませんが
お金が無ければ、『愛』さえ無くなります。
さびしい人と思われそうですが、
現実問題、私はつらい思いをしたときに、
何度も「今、お金さえあれば!」と思ったからです。
そのお金というのは、
家族が生活していけるだけの稼ぎを得られる職業を持っている、ということです。
正直、お金はたくさんあるに越したことはありません。

愛さえあれば、お金なんていらない、なんて、
愛もお金もない状況に陥っている人間に通用しません。



話が大きくそれてしまいましたが、

わたしは、夫が完全に家出したとき、
どこからどう見ても完全なうつ病に陥りました。

これから幼子2人とどうやって生きようかと思ったとき
死ぬに死ねない、どうすればいいの?と頭がパリンと割れた気がします。

家事ができなくなりました。
でも、子どもが帰ってくるときには、つらい体にムチうって
笑って迎え、好きな晩御飯を作ってやらなければ、と無理をしました。

子どもが保育所、学校へいくと、死んだようにうずくまって1日を過ごしました。
シンクに山盛りの洗い物がたまり、洗濯は洗濯機に入れても干せない
干しても取り入れられない、取り入れてもたためない。

母に一応相談しました。

とりあえず幼児2人連れて働きに出るなど鬱状態では到底無理で、
出来れば、母に助けて欲しいと思いました。

予想通りの言葉がかえってきました。
「お父さんに相談してみたら?」
「手伝いに行ってあげたいけど、お母さん車の運転できへんから...」

娘が電話口で泣いて助けを求めていても
母の口からは、私より父のことしか出てきませんでした。
言い訳は大嫌いです。
本当に助けようと思ったら、
1時間でも2時間でも歩くし、電車でもタクシーでも来られます。
私なら、そうするでしょう。
でも、母は出来ないことは父や何かのせいにして、
逃げる自分を正当化する、そういう人でした。

その後、父といっしょに、手伝いに来てくれたこともありましたが
「何回も手伝いに行ってやった」と恩着せがましく言われました。
だから、もう来て欲しいと思うのはあきらめました。

色んな精神科や心療内科へ行きましたが、

気に入る病院はちっともありませんでした。

どこへ行っても、
同じような薬を出されるだけで、
どういう風に気持ちを切り替えれば、ましになれるか、とか、
私が求めていた処置や、生き方を助言してくれる医者はいませんでした。


そんな鬱のピークから、現在は約10年くらい、経過しました。

今では普通に(?)生活できてはいるつもりですが、
やっぱり、今でも人とは付き合いにくいし
そのくせ人恋しいし、
信用して裏切られるのは怖いし、

家の中もなかなか片付けられないし
何でも後回しにしてしまう癖もなおらないし

でも、
もう何年も精神薬は飲まずにきました。
最後は自力で減薬して薬をやめました。

とくにパキシルは怖いです。
急にやめたら、死にたくなるほどしんどいですよ。要注意。

でも、自力で止められました。
うまく減らすのがコツです。


私は、鬱の間も薬とお酒を飲んでいました。

薬とお酒は一緒に飲んではダメです。

常識ですが、常識を守れないほど、私は壊れていました。あのころ。


先に止めたのは薬でした。
今、アルコールも止めました。

でも、
昨日から、
ちょっと
ウツ来てます。

久しぶりに薬飲みました。

しんどくて、お酒が飲みたい、って思ったので。
お酒飲むくらいなら、精神薬飲んでる方がずっとまし。


断酒も、精神的な弱い面とも

まだまだ、一生付き合っていかなければならないんだなぁ、と思います。

鬱だったから、アル症になったのかなー
アル症の要素があったから、飲んで鬱になったのかなー

なんて、昔々の自分を振り返ってみました。



余談

進化論では 卵が先
神学的には 鶏が先
仏教的には 最初は存在しない

(wikipedia参照)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アルコール依存症へ にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ にほんブログ村 酒ブログへ

rara_5 at 12:59│Comments(16)初めての方へ 

この記事へのコメント

1. Posted by nobu   2013年11月25日 17:34
鬱とアルコ-ルの関係ですか
たしかに二日酔いの嫌な感じって抑うつ感と似てますね。
2. Posted by なおぴー   2013年11月26日 00:28
こんばんは〜、初めてコメントさせていただきます。

カネと愛、カネと幸せ、何時も考えさせられます。

そんなところにボクもアルコールが入ってきました。

何時も読み逃げばかりで、すみません。
興味深く読ませてもらってます。
3. Posted by nobu   2013年11月27日 10:47
チャップリンの映画おもいだしました。
夢と希望とSome money...
Some Moneyって難しいですね.
4. Posted by のみすけ   2013年11月27日 20:30
私も、5年前に鬱病になり、医者に行きました。
ららさんが書いてるのと全く同じでした。何種類も薬を出すだけで、考え方や生活面のアドバイスなど、一切ありませんでした。
本当に、精神科・心療内科というところは、とにかく薬を出すしか能がないようですね。
私も、途中で、医者へ行くのをやめてしまいました。薬を沢山飲んでいると、体調が悪くて、飲みたくないというのもありましたが。。。
5. Posted by ごまちゃん   2013年11月27日 23:38
こんばんわ。初コメントになります。
私がブログを持っていた時は、素敵なコメントを下さりありがとうございました。
思うところあり突然閉じてしまいましたが、ららさんのブログはずっと読ませていただいておりました。
ご挨拶をせずに閉じたのは、もう100%決めていたので、コメント下さる方々からお引止めの言葉を頂いてしまうかも知れないことが憚られたからですが、かえってご心配をおかけしたかも知れません。遅くなりましたが、ごめんなさい。
前置きが非常に長くなりすみません。
親の話題だったので、つい出てきてしまいました。
恩着せがましかったり、言い訳ばかりだったり・・私の親も一緒でした。
私も、結婚した時に、これで幸せになれる、と思いました。世の中が、女性の幸せは結婚、って風潮でしたし。
25年たって今思うことは、「人は、誰かに幸せにしてもらおうと思っている限り幸せにはなれない、自分の力で幸せになるために努力した時に、その行動自体によって幸せになれる」ということです。
断酒も、幸せになるための努力だと思いますし、いろいろ勉強するのもそうだと思います(私もまだまだ諦めていません)。
あともう1つ。「愛をもらえなかったなら、与えることにより得なさい」ということ。
子供を愛することで、愛をもらいましょうです。
愛をくれるかどうか、あてにならない親に期待するより、自分が行動するほうがずっと確実ですし、ここでも「自分で行動した方が、与えられることを待っているよりも満足度が高い」を実践できるのではないかと思うのです。
私の子供も、もう大きいですが、足裏マッサージとかやってます。反抗期でも素直に喜びます。足ですが、肌の触れ合いって大事みたいです。頭で考えるより簡単で、結果もオーライのような気がしてます。生物の原点に帰って・・。
生意気ですみません。お互いに「これから」幸せになりましょう!
長々とすみません。
6. Posted by ろんたっく   2013年11月28日 10:52
私も精神科に通院してます。
今のところで自分が抱えてた生きづらさが
ADHDやASによる「発達障害」だとわかったのが今から約5年前で、それまでの20年ぐらい
精神科をさまよってましたよ。

よく精神科の薬はいけないとか
ひどい輩になると
そんなん頼るな!っていうけど
私はきちんと服用を守れるのであれば
アルコール飲むよりも
精神科の薬を服用したらいいと思いますが・・

アルコールは一時幸福感があっても
実りある人生にはしてくれないのだから。
(といっても止めるのに苦戦してる今日この頃です)


7. Posted by あおい   2013年11月28日 12:40
前に投稿しましたあおいです。

お返事ありがとうございました。
「酒で死んでもいいや」の記事のほうにまたコメント投稿しましたので、読んでいただけると嬉しいです。

断酒会で知り合った人が、お酒をのむきっかけになったのが鬱だったと言っていました。
鬱を患い、薬もなかなかきかず、でも仕事にいかないといけないから、気分をあげるためにお酒をのんでいたらとまらなくなったと。

私も鬱3年目のときに、ヤケ酒がきっかけで連続飲酒が始まりました。

主治医によると、アルコールに限らず、依存症になりやすい性質・性格(先天的なものなのか、後天的なものなのかわかりませんが)というものがあるそうです。
断酒をするときに、ほかの依存症になったり、自殺しないように、カウンセリングを受けることを強くすすめられました。

でも、アルコールや薬物や特定の食品に対する依存は、精神的な依存と身体的な依存があるとも聞きますよね。

身体的な依存は数か月間の断酒で、体からお酒がぬけることで治るのでしょうか?
レグテクトの効果である、海馬にたまったタンパク質を消すというのは、心理的依存のほうなのか、身体的依存のほうなのか・・・
断酒って難しいですね。

今日ものまないで済みますように。

ららさんの記事、ためになりました。ありがとうございました。
8. Posted by ルナ   2013年11月28日 16:04
読んでいて涙がこぼれました。
今サファイアさんというかたのご紹介である本を
読んでいます。

「他人が気になって仕方ない人たち」です。
善良な親から虐待された人たちの話が載っています。

私自身全部は読んでいませんが
私たちのような人間には必要な本なのではないで
しょうか。
9. Posted by らら   2013年12月04日 11:10
nobuさん、
ずっとありがとうございます。
お返事がすっかり遅くなり、申し訳ありません。
鬱も引いたのですが、今度はお決まりの師走の慌ただしさに追われ、
何をしているのかわからないのに忙しい状態です。(@_@;)
飲まない自分にはまだまだ慣れませんが、気を抜かず、頑張りすぎず、お酒と決別していきたいと思っています。
10. Posted by らら   2013年12月04日 11:13
なおぴー様
コメントありがとうございました。お返事すっかり遅くなって申し訳ないですm(__)m
読みに逃げで結構ですよ。それでも感謝です!私も多くのブログをひたすら読み逃げしています。これからもよろしくお願いいたします。(*^_^*)
11. Posted by らら   2013年12月04日 11:14
nobuさま
お金、お金、って考えてる自分がいると、どうにも情けなくなってきます。
上を見るときりがありませんが、
今の暮らしに十分感謝したうえで、もっと働かなきゃ、って思います(*^_^*)
12. Posted by らら   2013年12月04日 11:21
のみすけ様

そうだったんですね。
やはり、同じように思われたのですね。
映画に出てくる、心理カウンセラーのような医者をイメージして頼っていくと、全くもってハズレ感や、物足りなさを感じてしまいます。
「心」を直してほしいのですが、医者にとって、「鬱」、脳の病気であり、それは薬で治すもの、ととらえられているのでしょうか。
薬を飲むと、眠くて眠くて、仕事になりませんでした。
13. Posted by らら   2013年12月04日 11:29
ごまちゃん

ご無沙汰です。
ブログをお止めになったので、どうなさったかと思っていました。
コメントをありがとうございました。
ありがたく、読ませていただきました。
私も、子どもはとても大切に思っています。
今も、命に代えても、と大げさなくらい、子離れできないほど愛していると思います。(^_^;)
幸い、私の両親も、子どもたちをとても大切にしてくれました。それは、夫が家出したときに本当にありがたく思いました。
人は老いると変わる面もたくさんありますね。

子どもさんとの足裏マッサージはいいですね!
たまに肩がこったという娘の肩もみをしてやると
最近は触れ合うことが無くなったので、ちょっと嬉しかったりしますね。
ありがとうございます。
14. Posted by らら   2013年12月04日 11:32
ろんたっくさま

コメントありがとうございます。
お返事すっかり遅くなり、申し訳ないですm(__)m
ろんたっくさんも、通院なさっていたのですね。
20年も通い、病名がはっきり分かったのが、5年前ということは、とても長い間、苦しまれたことでしょうね・・・。

お酒飲むより、薬飲んで寝てる方がずっといいですよね。
私も、本当にそう思います。
やっと今回のウツ脱出できた感じです。
15. Posted by らら   2013年12月04日 11:49
あおい様
コメントありがとうございます。
私も、まだ飲んでいません(*^_^*)
断酒できている自分がうれしいです。
あおいさんが飲んでらっしゃらないこともうれしいです!

私の場合は、子どもの頃から、依存性格だったと思います。小さいころから、ものや人に異常に執着していたな、と思います。
この歳になって、自分を変えることはどんどん難しくなりますが、残りの人生は、できるだけ、悪いところを直す努力ができる自分になれるといいな、と思っています。でも。とても難しいことですね(^_^;)
16. Posted by らら   2013年12月04日 11:54
ルナさん

ご無沙汰してしまって。。。お返事遅くなり申し訳ありません。
今回のブログで、アルコール依存に陥った人は、いろいろな人がいるようで、意外とどこか似た境遇を持って育ったり生活している人が多いことに気づきました。

子の幸せを願わない親はいないと思いたいですし、きっと私の親も、私の性格を捻じ曲げようなどとは思っていなかったはず。
むしろ、まじめで、まさに「善良」な親だったと思います。
良い本を紹介して下さってありがとうございます。
探してみようと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字